ENGLISH | 日本語

EMA RYAN YAMAZAKI

Documentary Filmmaker and Video Editor

ema
神戸生まれ。日本人の母とイギリス人の父を持つ。 19才で渡米し、ニューヨーク大学映画制作学部に進学。ドキュメンタリー製作に目覚める。英国放送協会BBCと数々のエミー賞受賞番組を手がける制作会社で研修を重ねた後、ドキュメンタリー界巨匠サム・ポラード氏の編集助手として2本の長編映画制作に参加。卒業制作 NEITHER HERE NOR THERE (故郷であり故郷にあらず) が大学、インターナショナルスクールで教材として使用され、アメリカ、フランス、タイ、日本などの学会でも採用される。その後、ニューヨークを拠点にドキュメンタリー映画やノンフィクションのテレビ番組製作に携わっている。

2014年より初長編ドキュメンタリー作品、MONKEY BUSINESS: THE ADVENTURES OF CURIOUS GEORGE’S CREATORSを製作。人気絵本シリーズおさるのジョージの著作者、ハンスとマーガレット・レイ夫妻の半生をアニメーション、アーカイブ映像、インタビューを交えて描く。2016年夏にクラウドファンデングで18万6000ドル(2000万円弱)を集め、その後アメリカの大手配給会社オーチャードが買収。監督、プロデュース、編集を手がけたこの作品は2017年公開予定。

また、2016年にはNHKのBS1スペシャル 「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む 〜よみがえる遠藤周作の世界〜」を監督。スコセッシ監督のインタビュー役も勤める。

その他、2012年には、国際衛星テレビ局アルジャジーラの一般応募を勝ち抜き、京都のお寺の家族を描いたドキュメンタリー、MONK BY BLOOD (お寺の子) を製作。この作品は2013年夏に世界130カ国で放送され、さらに2014年にはアメリカのドキュメンタリー映画祭、フルフレーム映画祭に選出された。2014年、ロバート・レッドフォード氏 がプロデュースし、カンヌ映画祭、サンダンス 映画祭グランプリ受賞のマーク • レビン氏が監督 をした米放送局 CNN のドキュメンタリー番組、 CHICAGOLAND を編集担当。その後、レビン氏と再びタッグを組み、編集とコープロデュースを手がけた長編ドキュメンタリー、CLASS DIVIDE が 2015年、アメリカ最大のドキュメンタリー映画祭 DOC NYC でグランプリを受賞し、2016年に米放送局HBOで放送。

日本人の心を持ちながら外国人の視点からも物事を見ることができるポジションを活かして、ニューヨークと日本を行き来しながら様々なプロジェクトに携わっている。